先日のNHKラジオ拝聴いたしました。
告知ありがとうございます!
久しぶりのトワ・エ・モワのライブ、すっかり堪能させていただきました。
音楽は勿論ですけれど、お二人のMCや何気ない会話も一つの世界を作っていてとてもステキでした。
芥川さんが「白鳥さん」というときのなんともいえない清涼感が大好きなんです。
まるで映画のワンシーンのようです。
それにしても、トワ・エ・モワの「同級生感」
マイカさんと一緒のときはすてきなお母様
そしてソロでは神々しいまでのオーラを放つディーバ…
これだけ豊かな表情を持った英美子さんは素晴らしいシンガーだなあとしみじみ思います。
同じ時代を生きられて本当に幸せです。
最近は、村井邦彦先生をはじめとする日本のソフトロック再評価の機運とともに、若い人たちがトワ・エ・モワを最先端の音楽として聴いているようで嬉しい限りです。
さらに欲を言えば、ソングライターとしての英美子さんの才能ももっと知ってもらえたらいいなと思います。
いま、「雨が…」を聴いているのですが、本当に名曲ですね。
レインコート姿で雨の中を歩く英美子さんの姿が目に浮かぶようです。なんだか切なくなってきちゃって…